2018/03/25 21:56

『帰郷』監督のドキュメンタリー北米配給会社が決定

ハル・アシュビー監督 Robert Picard / INA via Getty Images
ハル・アシュビー監督 Robert Picard / INA via Getty Images

 映画『シャンプー』『帰郷』『チャンス』などを手掛けた故ハル・アシュビー監督を題材にしたドキュメンタリー映画『ハル(原題) / Hal』の北米配給が、オシロスコープに決定したとDeadlineなどが報じた。

 アシュビー監督は編集者として映画界に入り、『夜の大捜査線』でアカデミー賞編集賞を受賞。監督としてメガホンを取るようになってからは、カルト的人気を誇る『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』、有閑マダム役で出演したリー・グラントがアカデミー賞助演女優賞を受賞した『シャンプー』、ジェーン・フォンダとジョン・ヴォイトがアカデミー賞主演女優/男優賞を獲得した『帰郷』、オリヴァー・ストーンが脚色した『800万の死にざま』などがある。

 アシュビー監督は1970年代に頭角を現してきたマーティン・スコセッシ、スティーヴン・スピルバーグ、フランシス・フォード・コッポラ、ブライアン・デ・パルマらと比較すると見落とされがちではあるが、独立系映画の監督として多くのフィルムメイカーに愛されてきた監督。今作ではアーカイブの映像、アシュビー監督のインタビューや手紙などを通して、ハリウッドに対抗しながらも情熱をもってこだわった作品群を作り続けてきた姿に迫っていくようだ。

 監督は『バンカー77(原題) / Bunker77』で編集を担当したエイミー・スコットが務め、製作はクリステン・ビービー、ブライアン・モローらが担当した。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【動画】ハル・アシュビー監督作品『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』予告編
【名画プレイバック】『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』(1971年)監督:ハル・アシュビー 出演:バッド・コート 第35回
巨匠ベルイマン監督のドキュメンタリー!北米配給会社が決定
アッと驚く日本キャラも!80年代が詰まったスピルバーグ最新作に現地ファンも熱狂!
マーティン・スコセッシ、オンライン映画講座開設!たったの90ドル
プレスリーを通じてアメリカ社会の問題に迫る異色ドキュメンタリー

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >