2018/03/27 08:15

思わず涙…『ボス・ベイビー』は弟から兄へ50年分のラブレター

おしゃぶりやるよ - 映画『ボス・ベイビー』より (C) 2017 Dreamworks Animation LLC. All Rights Reserved.
おしゃぶりやるよ - 映画『ボス・ベイビー』より (C) 2017 Dreamworks Animation LLC. All Rights Reserved.

 全国映画動員ランキングで初登場1位となるなど日本でもヒット中のアニメーション映画『ボス・ベイビー』のトム・マクグラス監督がメールインタビューに応じ、非常にパーソナルな作品だという本作に込めた思いを明かした。

 中身はどう考えても大人(スーツを着てブリーフケースも下げている)なボス・ベイビーと、そんなちょっと普通じゃない“弟”の登場に一人立ち向かおうとする兄ティムの姿をコミカルに描いた本作。子供の想像力をアニメーションで見事に表現しており、ティムとボス・ベイビーの凸凹コンビぶりに大笑いさせられる一方で、これまで両親の愛を独占していた子供が新しく生まれる兄弟をどう受け入れ、どう愛するのか、兄弟の絆に胸を打たれる作品でもある。

 マクグラス監督は末っ子で、2歳違いの兄がいる。「多くの兄弟がそうであるように、兄と僕とは生まれてこの方、互いに競い合ってきた。家族というのはしばしば腹立たしい存在でもある。親友でもあり、最悪の敵でもあるから。兄と僕もよくケンカをしたけど、親友だった。大人になるにつれ、兄は僕の人生の中で一番近い人間になったんだ」。だからこそ家族と兄弟のライバル関係を描いた本作を、マクグラス監督は「50年分の僕から兄へのラブレター」と表現する。「兄はプレミアに来てくれたんだけど、彼が映画を観ている様子を見るのは、僕にとって大きな喜びだったよ。最後は泣いてくれていたしね」とマクグラス監督の思いに、兄も思わず涙していたと明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >