2018/04/07 17:41

松坂桃李、濡れ場上映後の挨拶に照れ「ある種のプレイ」

照れ…松坂桃李
照れ…松坂桃李

 俳優の松坂桃李が7日、TOHOシネマズ日比谷で行われた映画『娼年』公開記念舞台あいさつに来場、体当たり演技だった映画を観たばかりの観客の前に立ち、「ある種のプレイ」と笑ってみせた。

 直木賞候補にもなった作家・石田衣良の同名小説を、舞台版でもタッグを組んだ三浦大輔監督と松坂のコンビで映画化した衝撃作。退屈な生活を送っていた主人公リョウが、娼夫となり、成長していく過程を描く。松坂をはじめ、キャスト陣の全裸も辞さない体当たり演技も話題を集めている。

 映画を鑑賞したばかりの満員の観客の前に立った松坂は「上映後なんですね……」としみじみ切り出すと、「僕はけっこう、この舞台あいさつは上映前がいいと言ってきたんですけど、上映後なんですね。しかも新しくできたばかりのこの劇場のこの大きなスクリーンでご覧になった皆さんの前に服を着て出るというのは、ある種のプレイのようにも思えて。ありがとうございます」とあいさつし、会場からはクスクス笑いが。中には「イヤーン」という声も飛び出すなど、なんともいえない不思議な空気感が会場を包み込んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >