2018/04/06 08:15

今夜、完結編!『るろうに剣心 伝説の最期編』圧巻のアクションに注目

手に汗にぎるクライマックス (C) 和月伸宏/集英社 (C) 2014「るろうに剣心 伝説の最期」製作委員会
手に汗にぎるクライマックス (C) 和月伸宏/集英社 (C) 2014「るろうに剣心 伝説の最期」製作委員会

 和月伸宏の人気コミックを映画化した2012年公開の『るろうに剣心』に続き、原作の人気エピソード「京都編」を2部作で実写映画化したアクション大作の後編『るろうに剣心 伝説の最期編』が6日、「金曜ロードSHOW!」にて放送される。本シリーズの見どころである俳優陣の圧倒的なアクションを、そのキャラクターとともに紹介する。

 幕末の時代に「人斬り抜刀斎」の異名を取り、のちに「不殺(ころさず)」の誓いのもと流浪人となった剣客・緋村剣心(佐藤健)の戦いを描く本作。剣心は、国家転覆をもくろむ宿敵・志々雄誠(藤原竜也)に捕らわれた薫(武井咲)を救うため巨大戦艦へ乗り込むも、救出に失敗。剣術の師匠の比古清十郎(福山雅治)に救われ、志々雄に反撃をすべく比古のもとで再び修行を始める……。

 『伝説の最期編』は、前作の『るろうに剣心 京都大火編』とあわせて第38回日本アカデミー賞作品部門の話題賞に輝き、劇中で展開される俳優陣の熱演や圧倒的なアクション描写が話題となった。アクション監督は、単身香港に渡りジャッキー・チェンやドニー・イェンの映画でスタントに携わった谷垣健治。前作では、撮影当時68歳だった田中泯ふんする翁の鬼気迫る剣さばきや、本格的なアクション初挑戦の土屋太鳳が剣心とともに戦う巻町操役で披露した殺陣など、公開時から高く評価を受けていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >