2018/04/12 18:00

上戸彩、子供向け作品にもっと出演したいと意欲

ずっと観続けてもらえる作品に参加できたことは“宝物”! (C) 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
ずっと観続けてもらえる作品に参加できたことは“宝物”! (C) 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 豪華な俳優たちが毎回ゲスト声優を務めている大ヒットシリーズの最新作『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』に出演した上戸彩が、10作品以上に出演してきた声優としての仕事を振り返った。

 邦洋のアニメーションから実写洋画や海外ドラマの吹替版まで、実写作品で活躍する俳優が声優を務める機会は増えている。本職の声優を使わないことには賛否の声が上がる場合もあるが、結局のところは役に合っているかどうか。声優としての仕事をコンスタントに続け、声の芝居に定評のある俳優もいる。上戸も、邦洋のアニメーション映画から実写洋画の吹替え、さらにはテレビゲームまで、10作以上の作品で声優を務めてきている。

 今回のような日本の劇場アニメから『ATOM』(2009)のような海外アニメ、そして『マレフィセント』(2014)のような実写洋画の吹替えまで、「いろいろな作品の声をさせていただきました」と、出演作リストを見ながら楽しそうに振り返る上戸は、「『あの声だよ』と言ったときに、子供たちが『すごーい』ってキラキラした顔で言ってくれたり、好きになってもらえたりするのは、すごくうれしい」と、子供たちからの反響が大きな声優の仕事に普段の女優業とはまた違ったやりがいを感じているようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >