2018/04/09 05:00

二階堂ふみが初の男役、GACKTが高校生役「翔んで埼玉」映画化!

二階堂ふみ&GACKTのW主演で「翔んで埼玉」映画化!
二階堂ふみ&GACKTのW主演で「翔んで埼玉」映画化!

 累計発行部数62万部を突破した、魔夜峰央(まやみねお)原作「このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉」(宝島社)が、二階堂ふみとGACKTのW主演で実写映画化され、2019年に公開されることが明らかになった。初の男役に挑む二階堂は「埼玉のプライドをかけた戦い、そしてそこから生まれる純愛ボーイズラブ。どのような作品になるのかは全く想像できませんが、精一杯真面目にふざけられたらと思います!」と意気込み、44歳にして高校生役を務めるGACKTは「正直なところ、『ボクの歳で高校生ってどうなのか?』という気持ちは未だに払拭できてはいないんですが、この漫画自体がかなり無理のある設定の漫画ですので、無理がもう一つぐらい増えても問題ないかなとは思っています」とコメントを寄せた。

 原作「翔んで埼玉」は、「パタリロ」(1978)などで一世を風靡した漫画家・魔夜が1982年に発表した作品で、2015年に「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」として30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに、大きな反響を呼んだ。魔夜が作品発表当時、埼玉県所沢市に住んでいたことから埼玉を題材に、「埼玉から東京に行くには通行手形がいる!」「埼玉県民はそこらへんの草でも食わせておけ!」「埼玉狩りだー!」など埼玉県を徹底的にディスるセリフなどで、後に続く“地方ディスマンガ”の火付け役的存在でもあり、上田清司埼玉県知事からは「悪名は無名に勝る」とまさかのお墨付きコメントも頂戴しているほど。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >