2018/04/10 20:15

音を立てたら、即死…衝撃ホラーが初登場1位【全米ボックスオフィス考】

日本公開は今秋を予定! - 映画『ア・クワイエット・プレイス(原題)』より (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
日本公開は今秋を予定! - 映画『ア・クワイエット・プレイス(原題)』より (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

 先週末(4月6日~4月8日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、“音を立てたら即死”という極限の恐怖を描いたホラー映画『ア・クワイエット・プレイス(原題) / A Quiet Place』が興行収入5,020万3,562ドル(約55億2,239万1,820円)で首位デビューを果たした。2018年公開作では社会現象になった『ブラックパンサー』に次ぎ2位となるオープニング興収で、公開3日間で制作費の3倍近くを稼ぎ出す大ヒットとなっている。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 音だけに反応し人間を襲う“何か”によって人類が滅亡の危機に瀕した世界で、「決して、音を立ててはいけない」というルールを守り生き延びてきた家族の姿を描く本作。手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰めて静寂と共に暮らしてきた彼らだが、母親エヴリンは出産を控えていて……。

 静寂に包まれた世界で3人の子供を育てるエヴリンを演じたのは、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のエミリー・ブラント。実生活でもエミリーの夫であるジョン・クラシンスキー(『プロミスト・ランド』)が夫役を務め、メガホンも取った。クリス・プラット、ライアン・レイノルズといった人気俳優たちもTwitterでこぞって絶賛していることも話題を呼んでおり、今後も数字を伸ばすことになりそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >