2018/04/11 21:25

小林麻耶「妹ではなく、私を召せば」発言を反省

小林麻耶&麻央さん姉妹(画像は2014年撮影のもの)
小林麻耶&麻央さん姉妹(画像は2014年撮影のもの)

 フリーアナウンサーの小林麻耶が10日に更新したブログで、がんのため昨年6月に亡くなった妹の小林麻央さんに思いをはせながら「神様がいるならば、妹ではなく、私を召せばよかったと思うのです」と吐露した後に、反省の言葉をつづった。

 小林はこの日、19歳でがんが発覚し、生命保険会社「アフラック」のCMにも出演した山下弘子さんの訃報に触れると、弘子さんが伝え続けていたというメッセージ「今を生きる」に言及。同時に、麻央さんを思い「結婚して幼い子供が2人もいる妹と独身の私。神様がいるならば、妹ではなく、私を召せばよかったと思うのです」と胸中を明かした。

 小林はその後に「生かされているこの命を最大限 輝かすためには『今を生きる』しかないですね」と続けていたが、心配したファンからは、「そんなこと言わないで」という声や、多くの励ましがコメント欄に寄せられた。

 その日の夜の更新で小林は、読者に対する感謝と共に「悲しませてしまった読者の方 悲しい気持ちにさせてしまったこと反省しています。ごめんなさい」と謝罪。春を迎え、家族の大きな節目が重なったことで「思いが溢れてしまいました」といい、「自分がどんな感情を抱こうと否定せず、自分の気持ちにちゃんと 耳を傾けていきたいそれが、自分を大切にすること 今を生きることに繋がるのではないかと現在、私は 思っています」と心情を説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >