2018/04/12 08:38

吉高由里子「正義のセ」放送開始!第1話への視聴者の反応は?

吉高由里子(写真は昨年9月に撮影したもの)
吉高由里子(写真は昨年9月に撮影したもの)

 女優の吉高由里子が感情豊かで家族思いな新米検事という役どころに挑むドラマ「正義のセ」(日本テレビ系)の初回が11日に放送された。「吉高さんかわいい」「めちゃくちゃ面白かった!」などの感想のほか、安田顕、三浦翔平といった共演者に反応する声がTwitterに寄せられていた。

 吉高が「東京タラレバ娘」以来、約1年ぶりにドラマ主演を務めた本ドラマ。原作は阿川佐和子の同タイトルのシリーズ小説で、新米女性検事の竹村凜々子(吉高)が持ち前の正義感で事件解決に挑み、同僚や家族に支えられながら、一歩ずつ成長していく姿を描いている。

 第1話では凜々子が、建設会社に勤める向井(浅利陽介)が被害者、上司の恩田(石黒賢)が被疑者となった傷害事件を担当していた。視聴者は「元気づけられるドラマ」「毎週の楽しみになりました」といった感想をTwitterに投稿しており、凜々子とバディを組む検察事務官の相原(安田)には「動き、セリフ、表情に目がいく」「魅力的」、先輩検事の大塚(三浦)には「キリッとした感じがいい」「かっこよすぎる」と反応していた。

 また、主題歌には歌手で俳優の福山雅治の楽曲「失敗学」が使用されており、「イントロからテンションあがる」「ドラマにぴったり」「ドラマにも主題歌にも元気をもらえる」とこちらも好評だった。(編集部・海江田宗)

【関連情報】
ドラマ「正義のセ」公式サイト
初の検事役!吉高由里子【画像】
吉高由里子&大野拓朗、身長差コンビが「お似合い」と評判
榮倉奈々&安田顕の夫婦にほっこり『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』現場レポ
吉高由里子「正義のセ」阿川佐和子に共感
筋肉やば!めっちゃマッチョ! 三浦翔平の上半身裸ショットに驚きの声

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >