2018/04/18 05:00

スター・ウォーズ新作は全員悪党?『ハン・ソロ』主要キャラ集合の新ポスター公開!

 また、主要キャラクターについてキャスト陣と監督が謎に包まれている設定について証言。女性キャラクター・キーラについて、ハン・ソロを演じるオールデンは「生活がギリギリの環境で一緒に育った幼馴染だ」と衝撃発言。監督のロン・ハワードは「銀河の貧困地帯で育ったハンとキーラ。このふたりの関係はとても重要なものだ」と幼馴染のハンとキーラの関係性は作品の重要な要素であると語っている。

 ウッディ演じるベケットに関して、オールデンは「ハン・ソロは犯罪のアンダーワールドを彼から学ぶ。彼はハン・ソロの師匠のような存在だよ」と語り、監督は「彼はパワフルで自由気ままな犯罪者だ。ハンに大きな影響を与える事になるよ」と後に銀河一の運び屋となるハン・ソロのモデルとなる人物であることを明かしている。

 新ドロイドL3-37については、監督が「ドロイドだけど個性的なんだ。彼女は頭が良くてファニーだよ。みんなL3を好きになるよ」とコメント。ランド役のドナルドは「ランドのパートナーで二人はケンカする事もある。(ハン・ソロとチューバッカのような)仲良し同士の激突だよ」と二人はバディであることを明かしており、ランドとL3の関係性や掛け合いにも注目できそうだ。

 本作の脚本には、「エピソード5」「エピソード6」「フォースの覚醒」で脚本を務めたローレンス・カスダンが参加しており、旧3部作で描かれたハン・ソロをよく知る人物が携わることで注目を浴びている。(編集部:倉本拓弥)

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は6月29日より全国公開

【関連情報】
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』US版予告編
『スター・ウォーズ』最新作、ハン・ソロとチューバッカの出会いはコミカルに?
『スター・ウォーズ』ハン・ソロ映画、カンヌでお披露目へ
アベンジャーズ第4弾に日本へのギフトも!スパイダーマン役トム・ホランド&監督が来日
『美女と野獣』野獣俳優主演!FPS視点&客観視点の交差する異色SF!
Netflixのロシアンマフィア映画、『メッセンジャー』脚本家を起用

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >