2018/04/18 06:25

新田真剣佑、役に入りすぎて…森川葵に平謝り

作品への愛があふれ出していた新田真剣佑
作品への愛があふれ出していた新田真剣佑

 俳優の新田真剣佑が17日、六本木ヒルズアリーナで行われた映画『OVER DRIVE』スペシャルステージ&完成披露舞台あいさつに東出昌大、森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤(舞台あいさつのみ)、羽住英一郎監督と共に登壇。本作に思い入れが強かったという新田は、森川から劇中で新田が役に入りすぎて「心を折られてしまった」と申告を受けると「ごめんね、ごめんね」と平謝りしていた。

 本作は、公道を全開走行で駆け抜ける過酷な自動車競技「ラリー」を題材に、若者たちの熱い絆と愛を描いた物語。真面目で素晴らしい腕を持つメカニックの兄・檜山篤洋を東出が、上昇志向の強い天才ドライバーの弟・檜山直純を新田が演じる。

 森川はスポーツマネジメント会社の社員として、新田演じる直純について回るが、ラリーに関してズブの素人のため、邪魔もの扱いをされるという役柄。あるシーンで新田は冷たく「邪魔!」と言い放つと森川の頭を押すような仕草をみせていたが、実はこのシーンは台本になかったようで、森川は「予定外の行動だったので、ビックリすると共に、心が折れそうになりました」と悲しそうな顔を浮かべる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >