2018/04/24 10:06

“漫画のアカデミー賞”のグラフィックノベル、テレビドラマ化へ!

原作者のブライアン・K・ヴォーン Ethan Miller / Getty Images
原作者のブライアン・K・ヴォーン Ethan Miller / Getty Images

 米FX局がブライアン・K・ヴォーンのグラフィックノベル「Y:ザ・ラストマン」のテレビドラマ化に乗り出し、パイロット版の製作をオーダーしたとDeadlineなど複数メディアが報じた。

 「Y」と題されたドラマは全ての男が死に絶えて女性だけになった世界で、地球にただ一人の生き残った男性となった主人公を描くSFストーリー。映画『ブレードランナー 2049』『オリエント急行殺人事件』のマイケル・グリーンが執筆したパイロット版の脚本を読んだFX局CEOのジョン・ランドグラフは、シリーズ化にゴーサインが出る可能性が高いとコメントしている。

 「Y:ザ・ラストマン」は2002年からスタートした60巻からなるグラフィックノベルで、“漫画のアカデミー賞”と呼ばれるアイズナー賞を3度授与されているほか、シリーズの10巻はヒューゴ賞初の最優秀グラフィックストーリー賞を受賞している。(澤田理沙)

【関連情報】
【写真】マイケル・グリーン脚本!映画『ブレードランナー 2049』
スティーヴン・キングの物語詩、テレビシリーズ化!
トランプ暴露本「炎と怒り」がドラマ化へ
悪徳スーパーヒーローを倒す!米人気コミック実写ドラマ化
ジェイソン・ボーン前日譚がテレビシリーズ化!トレッドストーン計画に迫る
『ロード・オブ・ザ・リング』ドラマ化、製作費は1,000億円以上に

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >