2018/04/19 06:00

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』予告で南沙良&蒔田彩珠が圧巻の演技!

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』ポスタービジュアル (C)押見修造/太田出版(C)2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会
『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』ポスタービジュアル (C)押見修造/太田出版(C)2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会

 「ぼくは麻理のなか」「血の轍」などで知られる人気漫画家・押見修造の自伝的漫画を、南沙良&蒔田彩珠主演で実写映画化する『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』の予告編が公開。言葉をうまく話せない志乃(南)と音楽好きだが音痴な加代(蒔田)、10代ならではの一筋縄じゃいかない青春の一端が明らかになった。

 脚本を『百円の恋』の足立紳、監督をテレビドラマ「リピート ~運命を変える10か月~」(読売テレビ系)が記憶に新しい湯浅弘章が務め、ひょんなことからバンド仲間になった2人の女子高生の成長を描く本作。予告編では、自分の名前すら言えずにクラスで嘲笑される志乃、人知れず歌を口ずさむ加代、接点のなかった2人が音楽を通じて絆を育んでいく姿が収められている。

 2人で秋の文化祭に出ようと約束し、路上や川辺で練習。たちまち表情が輝いていく志乃だが、同級生の菊地(萩原利久)が加代と親しくなると同時に暗雲が立ち込めてくる……。女優デビュー作『幼な子われらに生まれ』(2017)で注目を浴びた南、先ごろ広瀬すず主演のドラマ「anone」(日本テレビ系)の“幽霊”役が話題になった蒔田。2人のみずみずしい演技にはハッとするような瞬間があり、引き込まれる。ちなみに、名曲「あの素晴らしい愛をもう一度」は、南と蒔田が猛練習のすえ挑んだ歌&ギター演奏だという。

 なお、本作は厚生労働省より社会保障審議会児童福祉文化財に指定され、学生のみならず教育に関わる人に向けた優秀作品として推薦された。(編集部・石井百合子)

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は、7月14日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

【関連情報】
『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』オフィシャルサイト
【動画】『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』予告編
広瀬すず主演ドラマ、“幽霊”の秘密が「泣ける」
17年ぶりレベッカ新曲MV、15歳の新人女優が主演 監督は行定勲
トラウマ漫画「ミスミソウ」押切蓮介に聞く誕生秘話
ヤンキーギャグ漫画「今日俺」連ドラ化!賀来賢人、28歳で高校生役

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >