2018/04/19 19:32

『ジュラシック・ワールド』第三弾はスピルバーグテイストで原点回帰?

完結編も二人の冒険が描かれる! -写真は映画『ジュラシック・ワールド』 Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ
完結編も二人の冒険が描かれる! -写真は映画『ジュラシック・ワールド』 Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『ジュラシック・ワールド』の第三弾は、スティーブン・スピルバーグが1993年に発表した前三部作の第一弾『ジュラシック・パーク』に近い作風になる予定だと、監督のコリン・トレヴォロウが Entertainment Weekly に明かした。

 2015年に公開された『ジュラシック・ワールド』の一作目は、世界歴代興行収入ランキングの第4位に入る驚異的なヒットとなった。今年の夏には二作目となる『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(7月13日全国公開)が控えており、2021年6月11日に全米公開される第三弾をもって、シリーズ完結を予定している。(数字は Box Office Mojo 調べ)

 コリンは第一作で監督・脚本を務め、第二作では製作・脚本を担当している。第三弾で再び監督・脚本として作品に携わることに対し、監督は「スティーブン・スピルバーグが私に監督をやってくれないかと尋ねてきたんです」とスピルバーグから直々のオファーがあったと告白。完結編に関して「第一作がアクションアドベンチャーでだったとしたら、第二作はホラーサスペンスに分類できる。そして第三弾は1993年の『ジュラシック・パーク』に近いサイエンススリラーになるだろう」とスピルバーグが手掛けたオリジナル作品のテイストへ原点回帰することをほのめかしている。

 第三弾の脚本はコリンと新顔のエミリー・カーマイケルが執筆。詳細は判明していないが、監督は、引き続きシリーズのメインキャラクターであるオーウェン(クリス・プラット)とクレア(ブライス・ダラス・ハワード)が物語の中心になることを明かし、第二弾『炎の王国』で登場する新キャラクターも重要人物になる可能性があると同サイトに語っている。(編集部:倉本拓弥)

【関連情報】
【動画】パート2は夏公開!『ジュラシック・ワールド/炎の王国』予告編
『ジュラシック・パーク』25周年記念イベント、米ユニバーサルスタジオが開催!
ジュラシック・ワールド続編の裏側!新たな“恐竜体験”へ
クリス・プラット元妻、豊胸手術は「男性のため」じゃない!自分の自信につながった
忍者・カウボーイ・バイキング3種のスキルを備えた殺し屋!『マイティ・ソー バトルロイヤル』脚本家が参加!
クリス・プラット、「あなたはどのクリス?」診断でまさかのクリス・エヴァンス判定

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >