2018/04/19 18:06

耳の聞こえない妊婦が見知らぬ女に追いかけられる恐怖…シチュエーションスリラー7月公開

謎の女の正体は……? (C)2016 NOSTROMO PICTURES SL / INSIDE PRODUCCION AIE / GRAND PIANO LLC
謎の女の正体は……? (C)2016 NOSTROMO PICTURES SL / INSIDE PRODUCCION AIE / GRAND PIANO LLC

 耳に障害を持つ妊婦が突如侵入してきた見知らぬ女性に襲われるシチュエーションスリラー『インサイド』が7月13日より日本公開されることが決定し、併せて予告編がお披露目となった。予告編には、逃げ場なしの家屋で包丁を手にした女から逃げ惑うヒロインの姿が収められている。

 『ダークネス』『REC/レック』などのスペインのホラー&スリラー映画の名手、ジャウマ・バラゲロが脚本を、『スペイン一家監禁事件』のミゲル・アンヘル・ビバスが監督を務める本作。物語は、子供の出産を目前に幸せ絶頂だった夫婦が車の衝突事故に遭う悲劇から幕を開ける。夫は死亡し、残された妻サラは補聴器ナシでは耳が聞こえない体となり、出産を心の支えに暮らしていたが、ある晩見知らぬ女が自宅に侵入し、サラを執拗に追い詰めていく……。

 予告編では、サラの補聴器が壊れると同時に耳鳴りと心音のみになるシーンがあり、家でたった一人、大きなおなかを抱えながら極限状況に陥ったサラの心理を生々しく伝える。「幸せにしてあげる」と迫りくるブキミすぎる謎の女は、一体誰なのか……? 主演のサラを演じるのは地下駐車場を舞台にしたスリラー『P2』のレイチェル・ニコルズ。謎の女をデヴィッド・リンチ監督作『マルホランド・ドライブ』のローラ・ハリングが怪演している。(編集部・石井百合子)

映画『インサイド』は7月13日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開

【関連情報】
【写真】包丁を手にした謎の女が妊婦を襲撃…!『インサイド』予告編
音を立てたら、即死…衝撃ホラーが初登場1位
ゾンビになっていく父親が娘を運ぶ…異色のマーティン・フリーマン主演作予告編
もう人間は相手じゃない!ステイサムVS超巨大ザメ映画の初予告
怖すぎ注意!殺人鬼レザーフェイスの少年時代…日本版予告編
ユースケのモラハラ夫ぶりに視聴者戦慄 新ドラマ「あなたには帰る家がある」<ネタバレあり>

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >