2018/04/22 12:38

『パシフィック・リム』科学者コンビが明かす信頼関係

数理学者ハーマン・ゴットリーブ(バーン・ゴーマン)と生物学者ニュートン・ガイズラー(チャーリー・デイ) (C) Legendary Pictures / Universal Pictures.
数理学者ハーマン・ゴットリーブ(バーン・ゴーマン)と生物学者ニュートン・ガイズラー(チャーリー・デイ) (C) Legendary Pictures / Universal Pictures.

 ギレルモ・デル・トロ監督が2013年に発表した映画『パシフィック・リム』で、未知の巨大生物と戦う主人公たちをサポートする科学者コンビを演じたチャーリー・デイとバーン・ゴーマン。コミカルで個性的なキャラクターがファンに愛され、続編『パシフィック・リム:アップライジング』にも登場する二人が、お互いの信頼関係について語った。

 『パシフィック・リム』は、太平洋の底から出現した未知の巨大生物KAIJUと、人間のパイロットが2人で動かす人型兵器イェーガーのバトルを描いたアクション大作。チャーリーふんするお調子者で怪獣オタクの生物学者ニュートン・ガイズラーと、バーンふんする気難しい数理学者ハーマン・ゴットリーブは、犬猿の仲でありながら、最後は互いに理解し合い、前作における人類の勝利に大きく貢献した。

 KAIJUとの新たな戦いを描く続編では、主要キャストも若い世代にバトンタッチしたが、ニュートとハーマンは続投。再び、コミカルなやり取りを繰り広げる。そんな名コンビの関係についてハーマン役のバーンは、「二人は変わった友情で結ばれたカップルなんだ。気が合うわけではないけれど、一緒に働くことで、お互いの違いがうまいことかみ合っていく。陰と陽のマーク(太極図)みたいなもので、その過程を演じるのは楽しい作業だよ」と分析する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >