2018/04/25 04:00

小室哲哉、篠原涼子と22年ぶりタッグ!自身最後の映画音楽

小室哲哉、最後の映画音楽担当 (C) 2018「SUNNY」製作委員会
小室哲哉、最後の映画音楽担当 (C) 2018「SUNNY」製作委員会

 小室哲哉と篠原涼子が映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)で、音楽担当と主演女優としては22年ぶりにタッグを組むことが明らかになった。2人は篠原涼子 with t.komuro として1994年に発売された楽曲「恋しさと せつなさと こころ強さと」を大ヒットさせた間柄。

 本作は、日本でもヒットした韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を、映画『モテキ』『バクマン。』などで知られる大根仁監督が、舞台を日本に再構築し映画化したもの。かつてともに青春を謳歌(おうか)した女子高生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”が、人生の輝きを取り戻すために奮闘するストーリーだ。

 音楽プロデューサーとして、安室奈美恵、TRF、華原朋美といった数々のアーティストのヒット作を手がけた小室は、今年の1月に引退を表明。今回の劇伴やスマートフォン向けゲームへの楽曲提供など、引退発表前の時点で決まっていた仕事は行なっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >