2018/04/25 06:00

「特捜9」宮近海斗、井ノ原快彦の優しさが助けに

「特捜9」で新人鑑識課員・佐久間朗を演じる宮近海斗(ジャニーズJr./Travis Japan) (C)テレビ朝日
「特捜9」で新人鑑識課員・佐久間朗を演じる宮近海斗(ジャニーズJr./Travis Japan) (C)テレビ朝日

 テレビ朝日系で放送中の「特捜9」(毎週水曜夜9時~)で新人鑑識課員・佐久間朗を演じる宮近海斗(ジャニーズJr./Travis Japan)が、刑事ドラマに初挑戦した心境を明かした。寺尾聰らベテランに囲まれた緊迫の現場では、同じジャニーズ事務所の先輩であるV6・井ノ原快彦に助けられているという。「初めて現場に入ったとき、大先輩方ばかりでガチガチになっていたのですが、井ノ原くんが『ココ、座っていいんだよー』とか『お茶、飲む?』って聞いてくれて……。いつも“おはよう”ってポンと肩を叩いてくれるので、それでリラックスできたりします」。

 「警視庁捜査一課9係」の新章となる本作は、巡査部長・浅輪直樹(井ノ原)を主任とする個性派刑事たちが、謎多き新班長・宗方朔太郎(寺尾)のもと「特別捜査班」として結集し、入り組んだ難事件に挑むミステリー。初の刑事ドラマで鑑識を演じるにあたって、宮近は「台本に専門用語が出てくるので、わからない単語は目につくものすべて、調べています」と地道なアプローチを告白。25日に放送される第3話では「指紋を検出するシーンがあって、専用のゴーグルをかけてライトを当てて指紋を見つけるんです!“スゴイ!! 僕、鑑識だー!!”と感動して、ものすごくうれしかったです(笑)」と手応えを感じた様子だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >