2018/04/25 07:12

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』最速レビュー:ネタバレ絶対厳禁も納得の衝撃度

シリアスななかにもユーモアが光る衝撃作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』より (c)Marvel Studios 2018
シリアスななかにもユーモアが光る衝撃作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』より (c)Marvel Studios 2018

 映画『アイアンマン』(2008)からスタートしたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の10周年を飾る超大作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(4月27日公開)が24日にプレミア上映された。衝撃的な展開が冒頭から連続するが、緊迫した物語のなかにもマーベルらしいユーモアが散りばめられた本作の興奮は、最後の瞬間までやむことはなく、ネタバレ絶対厳禁と監督自身がTwitterで念を押したその理由が、物語が進むにつれて納得がいく。

 己の信念に基づきあらゆる惑星で住民の半分を虐殺してまわる最強の敵サノスと、幾度も人類の危機に立ち向かってきたチーム、アベンジャーズの激突を描く本作。サノスという圧倒的な悪役を柱に、さまざまな場面で展開するヒーローたちのドラマがクライマックスに向けて収束していくさまは名作群像劇を観ているような感覚を覚える。

 もちろん、マーベルファンが夢にまで見たヒーローたちの出会いと共闘のドラマは、そのどれもがおのおのキャラクターが背負う背景がより鮮明に浮きぼりになり、期待以上のカタルシスを感じることができる。アベンジャーズ同士の激突を描いた『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で、主役級ヒーローたちの複雑なドラマをまとめてみせた兄弟監督アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソの手腕は本作でも健在だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >