2018/05/03 22:03

エド・シーラン、密着ドキュメンタリーで明かされる制作の裏側

エド・シーランのいとこであり、ドキュメンタリーを手掛けたマーリー・カミングス監督
エド・シーランのいとこであり、ドキュメンタリーを手掛けたマーリー・カミングス監督

 「Thinking Out Loud」「Shape of You」など数々のヒット曲を手掛けたイギリスの人気歌手エド・シーランのドキュメンタリー映画『ソングライター(原題)/ Songwriter』について、マーリー・カミングス監督が、4月25日(現地時間)、シネポリス・チェルシーで行われたトライベッカ映画祭(17th TFF)での上映後Q&Aで語った。

 ツアーバス、豪華客船、自宅などさまざまな場所で楽曲を制作するエドは、レコーディング・スタジオでは細かな音色を聞き分け、時間をかけてこだわりのアルバム「÷(ディバイド)」を作り上げた。本作では、そんな「÷(ディバイド)」の製作過程を中心に、エドの子供の頃の映像を交錯させ、若き天才歌手に迫っていく。

 エドのいとこであるカミングス監督は製作過程について、「フルタイムで働いていた仕事を2015年に辞めて、今作を手掛け始めたんだ。これまでのエドのツアーや製作過程などを撮影した映像を、およそ3か月かけて見たよ。それから僕自身がエドのファンになった気持ちで、エドのどんな部分を観たいのかノートに記していったんだ。だから僕自身が観たいシーンは、ほとんど今作に残っているね。それは、ファンが叫んでいるシーンやエド自身が演奏しているシーンで、いったん(観たいシーンを)決めてからは、編集時間も半分に短縮できたよ。ただ、エドが僕に知らせずに、(カメラを回すことなく)勝手にレコーディング・スタジオでヒット曲を書いていたこともあったから、できればそんな日も撮影できていたらと思ったこともあったね」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >