2018/04/27 12:52

ワインスタインのセクハラ問題、ブラッド・ピットが映画化!

ハーヴェイ・ワインスタインとブラッド・ピット(2009年の『イングロリアス・バスターズ』プレミアにて撮影) Kevin Winter / Getty Images
ハーヴェイ・ワインスタインとブラッド・ピット(2009年の『イングロリアス・バスターズ』プレミアにて撮影) Kevin Winter / Getty Images

 ブラッド・ピットがプロデューサーとして、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ問題を映画化することが明らかになった。The Hollywood Reporter などが報じた。

 ブラッドの制作会社プランBはアンナプルナ・ピクチャーズと共に、ニューヨーク・タイムズ紙によるワインスタインに対する調査報道の映画化権を獲得。女性記者ジョディ・カンター&ミーガン・トゥーイーが10か月にわたってどのように調査し、約30年にわたるワインスタインの悪行を暴いたのかが描かれることになる。二人はこの功績が認められ、ピューリッツァー賞も受賞している。

 そのため映画は、ワインスタインの行為そのものというよりも、アカデミー賞に複数部門で輝いた映画『大統領の陰謀』や『スポットライト 世紀のスクープ』のようなジャーナリズムをメインにしたものになるようだ。

 ハリウッドの大物プロデューサーであることを利用したワインスタインによるセクハラ・レイプ疑惑は、昨年10月にニューヨーク・タイムズ紙が告発したことで明るみに(ワインスタインは疑いを否定)。その後も被害者が次々と声を上げ、セクハラや男女差別撲滅を訴える「#MeToo」や「Time's Up」運動を巻き起こした。若き日のブラッドは当時交際していた女優のグウィネス・パルトローから被害を打ち明けられ、まだ新人俳優だったのにもかかわらずワインスタインに強く抗議したことでも知られる。(編集部・市川遥)

【関連情報】
【画像】ブラッド・ピットがプロデュース!オスカー受賞作『ムーンライト』
『スタンド・バイ・ミー』元子役、性的虐待の過去を映画化発表
オスカー受賞『スポットライト』神父による児童性的虐待を暴いた記者たちは「いい意味で時代遅れ」
ナタリー・ポートマン、セクハラ経験「100回」
レイプ被害告白女優の元マネージャー自殺…遺族が非難
米アカデミー賞で一躍話題に!多様性を受け入れるインクルージョン・ライダーって何?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >