2018/05/09 22:00

ジェイク・ギレンホール、音楽家レナード・バーンスタインさんに!監督はキャリー・ジョージ・フクナガ

指揮者姿が楽しみ - ジェイク・ギレンホール Alessandra Benedetti - Corbis / Getty Images
指揮者姿が楽しみ - ジェイク・ギレンホール Alessandra Benedetti - Corbis / Getty Images

 映画『闇の列車、光の旅』(2009)、テレビドラマ「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」(2014)などで知られるキャリー・ジョージ・フクナガ監督が、20世紀アメリカを代表する音楽家レナード・バーンスタインさんを描く『ジ・アメリカン(原題) / The American』で、ジェイク・ギレンホールが主演を務めることが決定した。Deadlineほか複数メディアが報じている。

 本作は、ハンフリー・バートンが執筆した伝記本「バーンスタインの生涯」を基に、ブロン・スタジオズが製作資金を出して映画化する予定。フクナガ監督は製作も担当し、映画『ギヴァー 記憶を注ぐ者』のマイケル・ミトニックが脚色する。バーンスタインさんは、急病で倒れた指揮者ブルーノ・ワルターさんの代役として25歳でニューヨーク・フィルを指揮して大反響を呼び、その後も指揮者としての名声を高めていった。また、作曲家としてもミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」などの成功で高く評価された。

 映画では、ニューヨーク・フィルの音楽監督を務める中で期待され続ける苦しみや、結婚していながらも私生活での同性愛関係などが描かれるようだ。

 今年が生誕100年となるバーンスタインさんは生涯で7度来日しており、日本にも多くのファンを持つ。同作の撮影は、今秋から行われる予定。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【写真】ギレンホール主演、テロで両足を失った男性の実録映画
新バットマンは自分じゃない!ジェイク・ギレンホール否定
SW音楽から巨匠ジョン・ウィリアムズ引退?エピソード9で「もう十分」
『ウエスト・サイド物語』をスピルバーグ監督がリメイク!ラテンアメリカ系俳優をキャスティング中
クリステン・スチュワート、伝説の女優ジーン・セバーグさん役!
スパイダーマン宿敵『ヴェノム』音楽は『ブラックパンサー』の作曲家!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >