2018/05/08 22:18

アレクサンダー・ペイン監督、『卒業』の名匠マイク・ニコルズ監督との交流を明かす

マット・デイモン主演作『ダウンサイズ』が記憶に新しいアレクサンダー・ペイン監督
マット・デイモン主演作『ダウンサイズ』が記憶に新しいアレクサンダー・ペイン監督

 トライベッカ映画祭(17th TFF)で開催されたトーク・イベント「ディレクターズ・シリーズ」にて、アレクサンダー・ペイン監督と名司会者ディック・キャヴェットが、4月28日(現地時間)、ニューヨークのSVAシアターで語った。

 同イベントでは、長年続いたアメリカのトーク番組「The Dick Cavett Show」で、映画界や音楽界など数々のスターにインタビューしてきた名司会者ディックと、映画『サイドウェイ』『ファミリー・ツリー』でアカデミー賞脚色賞を受賞したペイン監督が、映画や過去のインタビューについての対談を行った。

 これまでに7本の映画を手掛けてきたペイン監督は、脚本執筆が最も時間のかかる過程らしく、「ディックの友人であるウディ・アレンのように速く脚本は書けないんだ。彼のように椅子に座って、規律をもって書くこともできない。個人的にはもっと早く題材を見つけたいし、もっと多くの作品を製作したいけれど、(その時の僕にふさわしい)題材が僕を選んでくれている気がするんだ。いつも映画を製作し続けていたいとは思っていて、往年のハリウッドの監督のように、年に2、3本監督できるようなキャリアを体験してみたい。でも、やはり自分が何かを言いたい時に製作するのが一番だと思うよ」と製作への想いを語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >