2018/05/12 17:40

中山美穂、声を震わせ…5年ぶり主演映画公開に安堵

会場からの大きな拍手に喜ぶ中山美穂
会場からの大きな拍手に喜ぶ中山美穂

 女優の中山美穂が12日、都内で行われた主演映画『蝶の眠り』(公開中)の初日舞台あいさつに、共演のキム・ジェウク、音楽監督の新垣隆、チョン・ジェウン監督、そして劇中、中山演じる涼子の心の支えとなった愛犬トンボと共に出席。中山は約5年ぶりの主演映画公開となったが、会場から割れんばかりの拍手が巻き起こると「温かい拍手でホッとしました」と声を震わせながら語っていた。

 本作は、『子猫をお願い』などのチョン・ジェウン監督が、映画『新しい靴を買わなくちゃ』以来、約5年ぶりに主演を務める中山美穂を迎え映画化。作家として成功を収めた50代の女性・涼子(中山)が、アルツハイマー病に冒されていると知り、これまでの人生とは違う選択をしていく姿を描いた物語。

 久々の主演映画ということでやや緊張気味な表情で登壇した中山だったが、客席からの大きな反応に「拍手をいただき、ものすごくうれしいです」と破顔すると、キムも「日本は子どもの頃に暮らしていた特別な国なので、自分が出演している映画がこうして公開されたことは、なんとも言えない気持ちです」と感慨深い表情を浮かべた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >