2018/05/21 08:00

ダニエル=デイ・ルイス、引退作で驚きの役作り!『ファントム・スレッド』監督明かす

『ファントム・スレッド』メイキングより。ダニエル・デイ=ルイスとポール・トーマス・アンダーソン監督 (C) 2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved
『ファントム・スレッド』メイキングより。ダニエル・デイ=ルイスとポール・トーマス・アンダーソン監督 (C) 2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved

 ついに、その時がやってきてしまった。ダニエル・デイ=ルイスをスクリーンで見納めする時だ。『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007)で彼に2度目のアカデミー賞主演男優賞をもたらし、最新作『ファントム・スレッド』で2度目のコンビを組んだポール・トーマス・アンダーソン監督が、デイ=ルイスの名優たるゆえん、引退表明を受けた心境を明かした。(Yuki Saruwatari/猿渡由紀)

 現在に生きる伝説の俳優であるデイ=ルイスは、昨年、『ファントム・スレッド』をもって引退すると発表している。当時撮り終わったばかりで、タイトルも未定だったその映画は、アンダーソンが、デイ=ルイスと話し合いつつ、時間をかけて書き上げていったもの。主人公ウッドコックの性格、ふるまい、周囲に置くもの、それらすべてに、デイ=ルイスの意見が反映されているのだ。

 舞台は1950年代、ロンドンのクチュール界。アンダーソン自身はもともとファッションに疎いと自認するが、デイ=ルイスも決してこの世界に詳しくはなかった。だが、デイ=ルイスは、『ボクサー』(1997)の後、半引退生活に入った時、イタリアで靴作りに専念したことがある。「その経験と、手先の器用さが生かされるのではないかと思ったんだ。それに、彼は服の美しさを理解できる目も持っている。だから興味を持ってくれるのではないかとね」とアンダーソン監督は、デイ=ルイスに話を持ちかけた経緯を振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >