2018/05/25 06:00

『孤狼の血』続編製作決定!「凶犬の眼」がベース

前作『孤狼の血』より(上映中) (C) 2018「孤狼の血」製作委員会
前作『孤狼の血』より(上映中) (C) 2018「孤狼の血」製作委員会

 現在上映中の、役所広司主演、白石和彌監督のタッグ作『孤狼の血』の続編が製作されることが25日、東映株式会社より発表された。『孤狼の血』の原作者・柚月裕子による小説「凶犬の眼」をベースにした物語で、スタッフ、キャストは未定。

 『凶悪』『彼女がその名を知らない鳥たち』など話題作が相次ぐ白石監督が、警察小説×『仁義なき戦い』と評される柚月の同名小説を、名優・役所広司のほか松坂桃李、真木よう子ら人気キャストを迎え映画化した『孤狼の血』は、初週2日間で動員11万2,684人、興収1億4,707万1,400円を記録し、3位の好発進。2週目は6位にランクインしている(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)。

 小説「凶犬の眼」は、『孤狼の血』原作の続編にあたる物語。所轄署から田舎の駐在所に異動となった日岡秀一が、懇意のヤクザから建設会社の社長だと紹介された男が、敵対する組長を暗殺して指名手配中の国光寛郎だと確信。彼の身柄を確保すべく接触するも、思いもよらぬ方向に向かっていくさまが描かれる。映画『孤狼の血』では、日岡を松坂桃李が演じている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >