2018/05/25 10:10

性的少数者の登場人物含む作品増加を、LGBT擁護団体が要請

※画像はイメージです iStock.com / MarijaRadovic
※画像はイメージです iStock.com / MarijaRadovic

[ロサンゼルス 22日 ロイター] - 22日に発表された報告書によると、2017年に米ハリウッドの主要映画スタジオが制作した映画のうち、性的少数者(LGBT)のキャラクターが登場する映画は全体の12.8%と、2012年以来の低い水準となった。

 報告書はLGBTの権利擁護団体、GLAAD(中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟)が発表したもの。それによると、7つの主要映画スタジオが17年にリリースした109作品のうち、LGBTのキャラクターを含んだ映画は14作品にとどまった。

 GLAADはハリウッドに対し、1年間にリリースされる作品のうち、LGBTの登場人物を含む映画が占める割合を2021年までに20%に引き上げるよう呼び掛けた。

 GLAADは、「ワンダーウーマン」や「ブラックパンサー」のヒットについて、女性や有色人種が活躍する作品は世界的に注目されないというハリウッドの古い概念を打ち破ったと指摘。

 同団体の代表者は「こうした議論にLGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア)が仲間入りする時が来た」と指摘した。

【関連情報】
アメリカで起こったLGBTの抵抗運動を基に映画化『ストーンウォール』写真
NHKドラマ、LGBTテーマ作品で理解の広まりに期待
なんで?「僕はゲイ」はうそだった…カミングアウト撤回、謝罪
アカデミー賞「多様性」を象徴 ハリウッドは変われるか?
ゲイ告白・三ツ矢雄二、LGBTイベント参加に「ここがスタートライン」
アンドリュー・ガーフィールド「行為なしのゲイ」発言で大炎上

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >