2018/05/27 12:36

園田新監督、久々の長編映画公開に感慨

『リバースダイアリー』のメンバー
『リバースダイアリー』のメンバー

 「ロンドンフィルムアワード」最優秀作品賞(長編部門)、「メディタリアン映画祭」(フランス)審査員特別賞をはじめ、数々の国際映画祭で賞を受賞した映画『リバースダイアリー』が26日、東京渋谷区のユーロスペースにて公開初日を迎え、メガホンをとった園田新監督はじめ、出演者の小川ゲン、新井郁、小野まりえ、赤染萌、平吹正名、綱島恵里香が登壇して舞台あいさつを行った。

 小説家志望の青年と女優志望の女性との出会いを描き、複数の視点とさまざまな感情が入り交じるサスペンスが展開される本作。園田監督は『Wiz / Out 【ウィズアウト】』(2007)以来、約10年ぶりの劇場公開長編映画作品となり、作品の公開に感慨深げな様子だった。

 「10年前に初めて長編映画を公開させてもらってその時もこのユーロスペースで舞台に立ったのを思い出します」と冒頭で述べた園田監督。「オリジナル脚本の映画化を目指してずっと頑張ってきたんですけど、なかなか道が険しく、もう10年も過ぎてしまいました」と続け、「次はもっと早くまたこういう場所に立てるように頑張りたいと思います」とコメントした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >