2018/06/02 09:01

『犬ヶ島』ジェフ・ゴールドブラム、ウェス・アンダーソン作品の世界観に圧倒

ウェス監督の作品は全てチェックしているというジェフ
ウェス監督の作品は全てチェックしているというジェフ

 ウェス・アンダーソン監督最新作『犬ヶ島』で声優を務めた俳優ジェフ・ゴールドブラムが、本作をはじめ、過去のウェス監督とのエピソードを交えて、今作で挑戦した“犬役”について語った。

 本作は、近未来の日本の架空都市「メガ崎市」を舞台に、犬インフルエンザの蔓延によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を捜す少年アタリ(コーユー・ランキン)と、島で出会った5匹の犬たちの壮大な冒険をストップモーションアニメで描いた作品。ジェフは、うわさ好きのゴシップ犬・デュークの声を担当している。

 近年、『マイティ・ソー バトルロイヤル』や『ジュラシック・ワールド/炎の王国』など大作への出演が続くジェフだが、今作で担当したのは“犬”の声。実生活で犬を飼っているジェフは、本作に参加するにあたって愛犬から役のヒントを得たという。「映画の中で犬たちは群れをなしています。彼らはとても勇敢で素晴らしい。主人公アタリを献身的に助けるんです。そのモデルとして愛犬の存在はとても助けになりました」とコメント。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >