2018/06/13 21:15

バーフバリだけじゃない!ハマる、魅惑のインド映画

インド国内歴代最高の興行収入! 『バーフバリ 王の凱旋<完全版>』より (C) ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.
インド国内歴代最高の興行収入! 『バーフバリ 王の凱旋<完全版>』より (C) ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

 昨年末に公開された『バーフバリ 王の凱旋』(2017)が異例のロングランヒットを続けて、再びブームが訪れたインド映画。ちょうど20年前の1998年6月に日本公開されて大ヒットした『ムトゥ 踊るマハラジャ』(1995)の強烈な印象で、ボリウッド映画といえば、明るい照明を当てたカラフルなセットで美男美女が歌って踊って……というイメージが強い。だが実は、そういうミュージカル的なエンタメ作に限らず、人間ドラマやサスペンス、アクションとあらゆるジャンルで傑作が生まれ続けているのだ。その中でも押さえておきたい作品の数々をご紹介する。(文:冨永由紀)

ボリウッドといえば姓が同じ“カーン”の大スター3人

 ボリウッドといえば、3大カーンと呼ばれる、姓が同じ“カーン”の大スター3人(揃って1965年生まれ。血縁関係はなし)抜きには語れない。その1人、アーミル・カーンは4月から公開中の『ダンガル きっと、つよくなる』(2016)や『きっと、うまくいく』(2009)で日本でもお馴染み。高度成長期のインドで一流大学に入学した3人の青年を描いた『きっと、うまくいく』では44歳にして大学生役に挑戦。笑わせながら同時にインドの現代社会への風刺も込められ、恋あり歌あり踊りありの娯楽作。スティーヴン・スピルバーグ監督やブラッド・ピットからも絶賛された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >