2018/05/31 07:50

長澤まさみ、必死さから生まれる「振り切り力」

「楽しんでもらいたい」という思いは人一倍! 長澤まさみ 写真:中村嘉昭
「楽しんでもらいたい」という思いは人一倍! 長澤まさみ 写真:中村嘉昭

 映画『銀魂』で、キレると怖い美人ホステス・志村妙を演じ、福田雄一監督をうならせた女優の長澤まさみ。その潔い演技は、現在放送中のドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)の詐欺師役でも遺憾なく発揮されている。コメディーという分野で新たな才能を開花させた長澤が、再び福田監督とタッグを組んだ最新作『50回目のファーストキス』では、山田孝之演じるツアーコーディネーター・大輔と“毎日”恋に落ちる短期記憶障害を負った瑠衣を熱演。「福田組は想像以上にドキドキした」と述懐する長澤が、笑いにおける自身のポテンシャルを分析した。

 福田組といえば、そのゆるい作風から“笑いの絶えない現場”というイメージがある。ところが長澤にとっては、必ずしもそうではなかったようだ。「福田監督は舞台をやられていた方なので、一発本番が多いんです。だから、自分がその瞬間に集中力を発揮できるように準備しておかないと、大変なことになってしまう。毎回、撮影は勝負みたいなところがあって、すごく怖くてドキドキしていました」と胸の内を明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >