2018/05/31 13:37

90歳の巨匠アニエス・ヴァルダ、来日中止

来日中止が発表されたアニエス・ヴァルダ (C) Agnes Varda-JR-Cine-Tamaris, Social Animals 2016
来日中止が発表されたアニエス・ヴァルダ (C) Agnes Varda-JR-Cine-Tamaris, Social Animals 2016

 6月21日より行われる「フランス映画祭2018」での来日を予定していた巨匠アニエス・ヴァルダが、健康上の理由により来日を中止することが31日、有限会社アップリンクより発表された。

 ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞作『冬の旅』、『落穂拾い』『アニエスの浜辺』などの名作を生み、“ヌーヴェル・ヴァーグの祖母”とも称される女性映画監督の先駆者ヴァルダ。人々の大きなポートレイトを街に貼るプロジェクトで知られる54歳年下のストリートアーティスト、JRと共同監督を務めた新作『顔たち、ところどころ』(9月公開)は、第90回アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞にノミネートされた。

 ヴァルダは来日キャンセルに以下のようなコメントを寄せている。「私は90歳になりました。 本当に日本が大好きなので、この作品と一緒に日本に行って、皆さんとこの作品を共有したかったのですが、健康上の問題で今回日本に行くことができません。 年齢と健康の問題は切っても切り離せないもので、 とても残念です。皆さんのことを思っています。映画を楽しんで下さい」。

 映画『顔たち、ところどころ』は予定通りフランス映画祭(横浜みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらい他で開催)で上映され、Q&Aイベントにはプロデューサーのジュリー・ガイエが登壇予定。(編集部・石井百合子)

映画『顔たち、ところどころ』は9月よりシネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

【関連情報】
【動画】『顔たち、ところどころ』予告編
82名の女性たちがカンヌのレッドカーペットに結集!映画業界での平等訴える
10年で20人以上の女性監督が誕生!フランス映画界にニューウェーブが到来
常盤貴子、アートなフランス映画の観方に言及
デッドプール俳優R・レイノルズ『ウルヴァリン』ロケ地も訪問!バスで東京観光
ハン・ソロ映画エミリア・クラークの来日がキャンセルに

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >