2018/06/01 23:01

41日間海を漂流した女性の実話を描いたサバイバル映画、主演女優が撮影秘話を明かす

左からサム・クラフリン、シェイリーン・ウッドリー、バルタザール・コルマウクル監督
左からサム・クラフリン、シェイリーン・ウッドリー、バルタザール・コルマウクル監督

 大ヒットドラマ「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」などの女優シェイリーン・ウッドリーが、主演最新作『アドリフト(原題)/ Adrift』について、5月29日(現地時間)、サム・クラフリン、バルタザール・コルマウクル監督と共にニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 本作は、『2ガンズ』『エベレスト 3D』のコルマウクル監督が、実話を基に描いたサバイバル映画。タミ(シェイリーン)は、婚約者のリチャード(サム)と共にタヒチからサンディエゴまでヨットで航海に出るが、途中嵐に遭遇しヨットが大破してしまう。海に放り出されて重傷を負ったリチャードを看護しながら、壊れたヨットを修理し、陸地を目指してサバイバルを繰り広げる。

 本作のモデルとなった実話に惹かれた点をコルマウクル監督は、「これまで『ザ・ディープ』や『エベレスト 3D』などでも実際に起きた事故を描いてきたけれど、いずれも男性中心であり、サバイバルの要素にフォーカスして構成してきたんだ。でも、今作は過去と現在の両方を並行して記していて、最後にその二つのストーリーが組み合わさるようになっている。時間をかけてキャラクターを描くことができたし、最初はタミとリチャードの関係に興味を持ったけれど、最終的には女性のサバイバルストーリーであることが気に入ったんだ」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >