2018/06/10 05:15

舘ひろし流カッコいい男とは?ダンディズムの定義

はにかみ笑顔もダンディー! 写真:日吉永遠
はにかみ笑顔もダンディー! 写真:日吉永遠

 『終わった人』というドキッとするタイトルの映画に主演したのは、「ダンディー」という形容詞がピタリとはまる舘ひろしだ。定年退職した元銀行員というパブリックイメージと真逆の役に挑戦しているが、そのギャップすらも軽やかに飛び越えてしまった彼が、“カッコいい男”とは何かを語った。

 舘ひろし=ダンディーというイメージが世に広まったのは、大ヒット作にして代表作の『あぶない刑事』シリーズからと言っていいだろう。スマートなスーツと黒のグラサンで横浜の街を闊歩する「ダンディー鷹山」に憧れた人は、男女問わず多い。いくつものテレビシリーズや映画が作られて30年近く続いた『あぶ刑事』は、日本における“カッコいい男”を象徴する作品の一つと言っても過言ではない。

 もちろん、齢68にして舘ひろしはいまだテレビドラマや映画で活躍中の現役だ。「10代、20代の人に挫折したなんて言われると、『10年早い』って思います」とニヤリ。それでいて、「でも、若い人にはかなわないよね」と若さへの憧憬も素直に語るのは、人間的な器が大きいということだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >