2018/06/04 20:55

足立梨花、田村侑久にプロ意識ほめられ照れながら“悪態”!?

本作のために一から餃子作りを体験したという足立梨花
本作のために一から餃子作りを体験したという足立梨花

 女優の足立梨花が4日、新宿ピカデリーにて行なわれた主演映画『キスできる餃子』完成披露舞台あいさつに、共演の田村侑久(BOYS AND MEN)、主題歌を担当したチャラン・ポ・ランタンの小春・もも、秦建日子監督と共に登壇。足立は田村から控え室での女優としてのプロ意識を絶賛されると照れて笑顔を見せながら「ずっと見られていたと思うと気持ち悪い……」とまさかの悪態(!?)をついて集まった人たちを笑わせていた。

 本作は『アンフェア』シリーズの原作やテレビドラマ「ドラゴン桜」などの脚本を手掛けてきた秦が監督と脚本を務めたラブコメディー。バツイチ子持ちの陽子(足立)が実家の休業中の餃子屋「ふじた」を建て直すために奮闘したり、恋に揺れたりする姿を描く。

 これまで皮から餃子を作る機会がなかったという足立だが、「クランクイン前に(撮影場所である餃子のメッカ・)宇都宮まで行って、一から餃子作りを体験しました。皮を丸く伸ばすのに苦労しました」と本格的に練習したことを明かすと、秦監督は「手元から撮っていたので、かなり(カメラを)まわしました。ミスってしまったものも使っているんです」とこだわりを述べる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >