2018/06/03 13:45

『ファンタスティック・ビースト』第3弾すでに脚本執筆中 J・K・ローリング明かす

5部作となる予定の『ファンタスティック・ビースト』(画像は『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』より) Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ
5部作となる予定の『ファンタスティック・ビースト』(画像は『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』より) Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが、自ら脚本を手がける映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズ第3弾の脚本作業にすでに着手していることを、自身のオフィシャルサイトで明かした。

 現地時間5月30日の更新でローリングは、ファンからの「現在はどんな作品を書いているのですか?」という質問に回答。「(自身のペンネーム)ロバート・ガルブレイス名義の4冊目“Lethal White”を書き終えたところで、今は『ファンタスティック・ビースト3』の脚本を書いています。この後は、別の児童向けの本に取り掛かる予定です」とつづっている。

 『ファンタスティック・ビースト』は、『ハリー・ポッター』シリーズと同じ世界を舞台にした新シリーズで、ハリーたちが通っていたホグワーツ魔法学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の著者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)の冒険を描くファンタジー。

 1作目となる『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は2016年に公開。世界中で大ヒットを記録し、第2弾となる最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が今年公開される(日本公開11月23日予定)。当初は3部作になると発表されていたが、後にローリング自身が、5部作になる予定だと発表した。第3弾の公開は2020年を予定している。(編集部・入倉功一)

【関連情報】
【動画】若きダンブルドア登場!『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』予告編
『ファンタビ』5部作、毎回違う都市が舞台に!
衝撃的!『ハリポタ』コンビの今
『ファンタビ』第2弾ニュート&ダンブルドアのイケメンすぎるポスター!死の秘宝マークも!
J・K・ローリング、「ハリポタ」以来となる児童文学を執筆中
『ハリポタ』新シリーズ第2弾はパリでも撮影!『ファンタスティック・ビースト』のタイトルは残る予定

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >