2018/06/06 12:00

A.B.C-Z塚田僚一&Snow Man『ラスト・ホールド!』上海国際映画祭に正式出品

映画『ラスト・ホールド!』ポスタービジュアル (C) 松竹
映画『ラスト・ホールド!』ポスタービジュアル (C) 松竹

 ジャニーズのアイドルグループA.B.C-Zの塚田僚一が映画初主演を務め、ジャニーズJr.の人気グループ Snow Man のメンバーと共演した映画『ラスト・ホールド!』(公開中)が、第21回上海国際映画祭のパノラマ部門に正式出品されることが明らかになった。

 上海国際映画祭は、中国の上海市にて1993年より開催されている、国際映画製作者連盟(FIAPF)認定の長編映画祭。21回目を迎える今年(6月16日~25日まで開催)は、世界108か国から3,400作品以上のエントリー(うち日本映画はおよそ200作品)があった。世界の映画の“今”を観客とメディアに伝えるという趣旨のパノラマ部門は、30万人以上の観客を集めるという映画祭の中心となる部門で、受賞対象外の話題作品が上映される。

 今回、正式出品が決まった『ラスト・ホールド!』は、スポーツクライミングのボルダリングを題材にした青春ドラマ。廃部寸前のボルダリング部に入部した新入生たちが、だんだんとその魅力に目覚めていく姿が描かれる。5人組アイドルグループA.B.C-Zのメンバーで、「仮面ティーチャー」シリーズなどに出演した塚田が映画初主演を務め、阿部亮平、岩本照、深澤辰哉、宮舘涼太、渡辺翔太、佐久間大介らジャニーズJr.の Snow Man の面々が共演する。出演者たちが吹替えなしでボルダリングシーンに挑んだことでも話題となり、ぴあ映画初日満足度ランキングでトップに輝き、応援上映も度々行われている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >