2018/06/06 13:54

安藤サクラ『万引き家族』パルムドール受賞の瞬間を振り返る

受賞後初めて映画について語った会見 安藤サクラ
受賞後初めて映画について語った会見 安藤サクラ

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した映画『万引き家族』の主演女優・安藤サクラが4日、大阪で記者会見を行った。受賞後に映画について初めて語る場となった会見に、安藤は「ふら~っと入ってきてしまいましたが、こんなにいらっしゃるなんて」と想像以上のマスコミの数に戸惑いながらも、「今ようやく、めでたいことだっていうのを、また改めて感じています」と笑顔を見せた。

 21年ぶりとなる日本映画のパルムドール受賞を成し遂げた『万引き家族』は、是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語る渾身作。都会の片隅で犯罪を重ねる一家の“家族を超えた絆”を描いた人間ドラマだ。安藤は夫(リリー・フランキー)が連れて帰った見ず知らずの子供の世話をすることで、自分が親から受けた傷を癒やしていく妻を熱演した。安藤にとって第1子出産後初めての撮影で、是枝監督作品への参加も初となった。

 賞の発表前から大阪に滞在していた安藤は、授賞式を「夜中だけどYouTubeで中継を見よう」と共演者とやりとりし、「慣れないPCもつなげて」と準備万端でネット中継を見ていたという。「そうしたらいつの間にか眠ってしまいまして」とまさかの“寝落ち”を告白し、リリーからは「サクラ、起きろ!」とメールが。結局、真っ暗にして寝ていた部屋でマネージャーから「パルムドールです!」と言われて受賞を知った。「すぐにテレビをつけてニュースが流れているのを見て、これは残さなきゃとフィルムのカメラでその画面を撮りました」と笑いながら事の顛末を振り返り、「まだみんなと喜びを分かち合えていないですし、監督にも直接おめでとうございますも言えていない状況なので、気持ちとしてもまだふわふわとした感じです」と現在の心境を明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >