2018/06/08 23:08

アリシア・シルヴァーストン、新ドラマは多くの主婦が共感できる内容

左から、製作総指揮カイル・リチャーズ、女優のジェニファー・バーテルズ、ミーナ・スヴァーリ、アリシア・シルヴァーストーン
左から、製作総指揮カイル・リチャーズ、女優のジェニファー・バーテルズ、ミーナ・スヴァーリ、アリシア・シルヴァーストーン

 映画『クルーレス』のアリシア・シルヴァーストーンと映画『アメリカン・ビューティー』のミーナ・スヴァーリが、新作テレビシリーズ「アメリカン・ウーマン(原題) / American Woman」について、共演者のジェニファー・バーテルズ、製作総指揮のカイル・リチャーズと共に、6月6日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 本作は、1970年代のアメリカ、フェミニズム運動が推進されていた時期に、夫と離婚し、2人の娘を抱えるボニー(アリシア)が、友人キャスリーン(ミーナ)とダイアナ(ジェニファー)に助けられながら、女性として独立していく姿を描いたドラマ。

 自身も女優として活躍しているカイルは、母親との半生を基にした本作を、パーソナル・プロジェクトだと語る。母親が病気を患ったときに、彼女との過去を振り返ったことがきっかけだったそうで、「彼女がどんな人物で、わたしをどのように育て、さらにどんな出来事が今の彼女を形成させたのかということを振り返ったの。その思いを書き出して、何か形にしようと思って製作したがこのドラマよ。だから、わたしの母のストーリーを(本作を通して)共有したいと思っているの。ある意味で、母へのラブレターだわ」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >