2018/06/08 13:46

反捕鯨『ザ・コーヴ』に問題提起するドキュメンタリーに審査員特別賞

八木景子監督とプレゼンターのジョルジョ・コラージョ氏
八木景子監督とプレゼンターのジョルジョ・コラージョ氏

 アカデミー賞を受賞した映画『ザ・コーヴ』の一方的な描き方に問題提起し、あえて和歌山県太地町側と環境団体の両方の視点から描いた『ビハインド・ザ・コーヴ~捕鯨問題の謎に迫る~』が、5月29日(現地時間)ニューヨークで開催されていたインターナショナル・フィルムメイカー・フェスティバル・オブ・ニューヨークで審査員特別賞を受賞したことを、同作でメガホンを取った八木景子監督が明らかにした。

 同映画祭の主催者ムリカ・クラスニキ氏は、「『ビハインド・ザ・コーヴ~捕鯨問題の謎に迫る~』は、これまで知らなかった捕鯨に関する歴史的背景を伝え、とても教育的な側面もある。作品自体が両者を捉えバランスが良い。また、映画祭がテーマにしている社会的問題にマッチしている」と評価した。

 八木監督は今回の受賞に関して「人種のるつぼ、ニューヨークは、多様な人種と宗教を尊重する場所。この地で選ばれたことには意味があり、嬉しく思う」と喜びを語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >