2018/06/10 19:02

観察映画の想田監督、ビジネス化する米大学アメフトの実情に迫る

日大アメフト問題は「大学のイメージ戦略」が背景にあるとも語った想田和弘監督
日大アメフト問題は「大学のイメージ戦略」が背景にあるとも語った想田和弘監督

 全米最大のアメリカンフットボールスタジアムを題材にしたドキュメンタリー映画『ザ・ビッグハウス』の初日舞台あいさつが9日、都内で行われ、製作・監督・編集を務めた想田和弘監督が登壇した。

 日本中が日大アメフト問題に揺れる中、絶妙すぎるタイミングに「あれは僕が仕組んだものです」とジョークを飛ばした想田監督は、日米におけるカレッジフットボールの“在り方”の違いについて熱く語った。この日は、共同監督を務めたマーク・ノーネス、テリー・サリスも出席した。

 本作は、映画の着地点を決めず、ナレーション、BGM、予定調和などを全て排するという独自のスタイルで注目を浴びるドキュメンタリー作家・想田監督の “観察映画”第8弾。10万人以上の収容人数を誇るミシンガン大学のアメフトチーム「ウルヴァリンズ」の本拠地ミシガン・スタジアム(通称:ザ・ビッグハウス)を舞台に、想田監督と13人の学生を含めた17人の映画作家がそれぞれ興味を持った人々や場面、出来事を撮影し、現代アメリカの縮図とも言える巨大スタジアムの全貌を描き出していく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >