2018/06/11 14:10

ボブ・マーリーの伝記映画、息子が企画

どんな映画に? - ボブ・マーリーさん(1978年撮影) Hulton Archive / Getty Images
どんな映画に? - ボブ・マーリーさん(1978年撮影) Hulton Archive / Getty Images

 伝説のレゲエミュージシャンであるボブ・マーリーさんを題材にした伝記映画を、息子で歌手のジギー・マーリーが企画しているとDeadlineなどが報じた。

 本作は、昨年グラミー賞のベスト・レゲエ・アルバム賞を受賞したジギー・マーリーが、パラマウント・ピクチャーズのもと企画している作品だが、今のところ監督や脚本家、製作者は決まっていない。

 ボブ・マーリーさんは、1945年にジャマイカ最大の建設会社「マーリー・アンド・カンパニー」の経営者ノーヴァル・マーリーと母親セデラ・ブッカーの間に生まれた。両親はボブさんの誕生後すぐに離婚し、彼が10歳の時に父親が他界したことで、母親と共にキングストン郊外のスラム地区、トレンチタウンに移り住んだ。

 そこで音楽と出会い、音楽のために学校を中退し、ジョー・ヒッグスに音楽やラスタファリ思想(ジャマイカの労働者階級と農民を中心に発生した宗教的思想)の教えを受ける。その後デビューし、1970年には自身のレコードレーベル、タフ・コングを設立する。その後、「バッファロー・ソルジャー」「ワン・ラブ」「ノー・ウーマン、ノー・クライ」など数々の名曲を世に送り出したが、1981年に脳腫瘍とがんの肺への転移によって36歳の若さで亡くなった。

 ジギーは、リタ・マーリーとボブさんの間に生まれた長男で、ボブさんを題材にしたいくつかのドキュメンタリーでも製作を務めてきた。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【写真】ボブ・マーリーのオフィシャル・ドキュメンタリー『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』
エルトン・ジョン伝記ミュージカル2019年5月公開!主演は『キングスマン』タロン・エガートン
クイーン伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』11月日本公開!
エマニエル夫人女優の伝記映画!『ブレードランナー 2049』女優が主演
シャイア・ラブーフ映画にシャイア・ラブーフ出演するもシャイア・ラブーフ役じゃない
ティナ・ターナーのドキュメンタリー、オスカー監督が製作

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >