2018/06/10 09:00

岸井ゆきの&成田凌共演 角田光代原作「愛がなんだ」映画化

岸井ゆきの&成田凌
岸井ゆきの&成田凌

 直木賞作家・角田光代の小説「愛がなんだ」が、女優の岸井ゆきのと、モデル・俳優の成田凌の共演により映画化されることが決定した。一目ぼれした男性に片想いする28歳のヒロインの恋を描くラブストーリーで、『サッドティー』(2013)、『パンとバスと2度目のハツコイ』(2017)などの今泉力哉がメガホンを取る。2019年公開予定。

 『八日目の蝉』『紙の月』『月と雷』など映画化が相次ぐ角田が、2006年に発表した小説に基づく本作。今の関係を保ちたいために自分からは一切連絡しないし、決して「好き」とは伝えられない。好きになってくれない相手に自分の時間全てを捧げるいちずなヒロイン・テルコに、映画『友だちのパパが好き』(2015)やNHKドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(2018)などの岸井ゆきの。今年10月から放送されるNHK連続テレビ小説「まんぷく」では、ヒロインの姪役に抜擢された。

 本作で、『おじいちゃん、死んじゃったって。』(2017)に続いて2度目の映画主演を務める岸井。「原作の面白さ故のプレッシャーや不安は尽きませんが、今とても嬉しいです。映像だから出来ること、テルコなりの一、二歩、いや四、五歩先をいく気遣い、何周もまわりにまわった恋とも愛とも言い切れない奇妙な執着を、心強いスタッフキャストの皆さんと共に、映画へしっかりと繋いでいきたいと思っています」と喜びとプレッシャーを表した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >