2018/06/12 22:12

W杯の裏側に潜む移民労働者の真実を追ったドキュメンタリー、監督が現状を明かす

ワールドカップに携わる移民労働者の問題に注目したアダム・ソーベル監督
ワールドカップに携わる移民労働者の問題に注目したアダム・ソーベル監督

 2022年にカタールで開催されるFIFAワールドカップのスタジアムや施設建設に携わる労働者たちを描いたドキュメンタリー映画『ザ・ワーカーズ・カップ(原題) / The Workers Cup』について、監督のアダム・ソーベルが、6月7日(現地時間)、ニューヨークの映像博物館で単独インタビューに応じた。

 同作は、カタールW杯に携わる大会社での劣悪な環境の下、アジアやアフリカの貧しい地域からリクルートされてきた移民労働者たちが、唯一の自由ともいえるサッカーの時間を楽しむ姿と共に、差別的な扱いを受ける現状を浮き彫りにした作品。

 恋人を追ってカタールに住むことを決めたというソーベル監督。「僕自身がカタールに住む1年前に、カタールが2022年のFIFAワールドカップ開催国に選ばれたんだ。当時は、ニュース番組やドキュメンタリーを製作する会社で働いていたんだけど、多くのメディアから『W杯の施設建設に携わる移民の労働者たちを撮影してくれないか?』と言われてね。でも、カタールには報道の自由はほぼ存在しないから、内密に撮影を始めたんだ。ただその(ニュース番組の)撮影では、(劣悪な環境下に置かれている)労働者を単に犠牲者としてしか描けない。そこで、僕は労働者の人間性を描いて、もっとこの問題を取り上げてもらえるようにドキュメンタリーとして製作することを決めたんだ」と経緯を明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >