2018/06/14 17:31

【2018年後半アニメ映画】下期注目作はこれだ!

『バケモノの子』の細田守監督の3年ぶりの新作『未来のミライ』 (C) 2018 スタジオ地図
『バケモノの子』の細田守監督の3年ぶりの新作『未来のミライ』 (C) 2018 スタジオ地図

 ここ数年、質・量ともに充実しているアニメ映画。分水嶺は2012年。細田守監督が『おおかみこどもの雨と雪』をヒットさせたこの年、ジブリ作品不在にもかかわらずはじめて劇場アニメ興行収入が400億円を超えたのだ。その後もアニメ映画は安定した人気を集め、コンスタントに400億円以上をキープし続けている。2016年には『君の名は。』『この世界の片隅に』『映画「聲の形」』という3作品がそれぞれにヒットを記録。同年のアニメ映画興行収入は663億円に達した。

 2018年前半も、脚本家の岡田麿里が初監督に挑んだ『さよならの朝に約束の花をかざろう』や『映画「聲の形」』の山田尚子監督による『リズと青い鳥』が注目を浴び、『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』がシリーズ最大のヒットとなるなどニュースが続いたが、2018年後半も、さまざまな注目作が並んでいる。(文:藤津亮太)

 まず筆頭は、なんといっても7月20日公開の細田守監督『未来のミライ』。前作『バケモノの子』から3年ぶりの新作だ。甘えん坊の男の子“くんちゃん”に妹ができた。両親が妹ばかり構うので、不満に思うくんちゃん。そこに未来からやってきた妹だという“ミライちゃん”が現れる。くんちゃんはミライちゃんに導かれて、時を超えた冒険に出かける。兄妹を入り口にしたストーリーは、間口は広く、奥行きが深いエンターテインメント作品となりそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >