2018/06/18 07:01

深田恭子、若さの秘訣は年齢のせいにすること

若さの秘訣を語った深田 写真:日吉永遠
若さの秘訣を語った深田 写真:日吉永遠

 TOKIOの長瀬智也が主演する映画『空飛ぶタイヤ』で、献身的に夫を支える1児の母を演じた女優の深田恭子。35歳、将来の人生設計がそろそろ気になるお年ごろ、美しさにますます磨きをかけながら、深田の心は今、どの辺りを泳いでいるのだろうか?

 妊活中の夫婦を演じたドラマ「隣の家族は青く見える」のイベントでは、「自分自身が将来的に母親になるということを考えるきっかけになる作品」と語っていたが、“家族”について気づいた点があったという。「今回の映画もそうですが、旦那さんと奥さんの間に夫婦としての強い絆がないと、結局、何も始まらない。お互いを尊重し、支え合うという基盤ができて初めて、子供や家族のことを想像できると思うんです」。

 夫婦愛が家族の基盤。一見、当たり前のように聞こえるが、「子は鎹(かすがい)」の家庭が少なくないのも確か。そういった意味では、深田の気付きは、ぐらつかない家庭を指し示しているようで、なんだか腑に落ちる。それにしても、結婚や家庭を口にしながら、その一方で、さらに磨きがかかる美しさ。まるで年齢を逆行するかのように若々しくいられるのはなぜか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >