2018/06/18 09:01

2018年下期、大ヒットを予感させる期待の映画

前作『ジュラシック・ワールド』の2015年興行収入1位に続けるか!?『ジュラシック・ワールド/炎の王国』より (c) Universal Pictures
前作『ジュラシック・ワールド』の2015年興行収入1位に続けるか!?『ジュラシック・ワールド/炎の王国』より (c) Universal Pictures

 2017年の『美女と野獣』、2016年の『君の名は。』のように、その年を代表するメガヒット作は、2018年の場合、どれに当たるのか? その答えはまだ出ていないと言っていいだろう。年明けからしばらく年間興行収入のトップに立っていたのは、昨年末に公開された『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で、その数字はおよそ75億円。しかし公開中の『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』が公開9週目に累計興収80億円を突破し、『最後のジェダイ』を抜き去った。この勢いで最終的に2018年の1位となる可能性も出てきた。(文・斉藤博昭)

 その『名探偵コナン』の独走を阻む作品があるとしたら、やはり夏休み映画になりそうだ。2018年の夏は、邦画・洋画を合わせて「4強」の熾烈な争いが予感される。夏のトップを狙うのは、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(7月13日公開)。夏休みにふさわしいアトラクション感覚のアクション超大作であり、前作『ジュラシック・ワールド』が2015年の興行収入で1位を記録した。とはいえ、その数字は95.3億円。再び年間1位を獲得するには、前作と同レベル、もしくはそれ以上の数字が必要になってくるだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >