2018/06/15 14:15

ロシアで上映禁止のブラックコメディー『スターリンの葬送狂騒曲』予告編公開

辛辣かつコミカルな作風が魅力的! (C)2017 MITICO・MAIN JOURNEY・GAUMONT・FRANCE 3 CINEMA・AFPI・PANACHE・PRODUCTIONS・LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE・DEATH OF STALIN THE FILM LTD
辛辣かつコミカルな作風が魅力的! (C)2017 MITICO・MAIN JOURNEY・GAUMONT・FRANCE 3 CINEMA・AFPI・PANACHE・PRODUCTIONS・LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE・DEATH OF STALIN THE FILM LTD

 独裁者ヨシフ・スターリンの死で巻き起こった権力争いをコミカルに描き、ロシアで上映が禁止されたことでも話題の映画『スターリンの葬送狂騒曲』(8月3日から全国順次公開)の予告編が公開された。

 実話に基づく『スターリンの葬送狂騒曲』は、1953年のロシア(旧ソ連)を舞台にした風刺コメディー。恐怖政治を強いてきた最高権力者スターリンの急死により発生した、最高権力の座をめぐる争いや内部の混乱を、辛辣かつ喜劇的に描写している。

 公開された予告編はブラックな笑いが満載で、倒れたスターリンを前に取り乱す側近の裏の顔が次々と明らかに。国を担うはずの男たちが、互いを出し抜こうと血眼になって奔走し、“なんでもあり&やったもん勝ち”の本性が暴かれていく作品の世界観を感じることができる。実在の人物を演じるのは、スティーヴ・ブシェミやサイモン・ラッセル・ビール、ジェフリー・タンバー、ジェイソン・アイザックスなどの演技派の面々。『007/慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコも出演している。

 監督は、米女性副大統領を主人公にした政界コメディードラマシリーズ「Veep/ヴィープ」や、英国政権の内部を描いたコメディードラマ「官僚天国」シリーズのアーマンド・イアヌッチ。イアヌッチ監督と共に脚本を手掛けたデヴィッド・シュナイダーは「あえてコメディーに仕上げようとはせず、状況からコメディーが生まれてくるようにした」とポイントを語っている。(編集部・小松芙未)

【関連情報】
ブラックコメディー盛りだくさん!『スターリンの葬送狂騒曲』予告編【動画】
【写真】『スターリンの葬送狂騒曲』
ロシアのバーガーキング、ピエロ映画『IT』上映中止求める「ドナルドに似すぎ」
テリー・ギリアム『ドン・キホーテを殺した男』カンヌでの上映がついに決定!呪いに打ち勝つ
キューブリック監督のお蔵入り作品、原因は『シンドラーのリスト』の成功だった
天皇映画とそのタブー

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >