2018/06/20 21:32

ロバート・ゼメキス、児童文学「魔女がいっぱい」再映画化の監督に!G・デル・トロから引き継ぐ

ゼメキス監督は本作の脚本を担当する Jeff Spicer / Getty Images
ゼメキス監督は本作の脚本を担当する Jeff Spicer / Getty Images

 ロアルド・ダールの児童文学「魔女がいっぱい」を再映画化する作品を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズなどのロバート・ゼメキスが手掛けると、Hollywood Reporter ほか各メディアが報じている。本作は、当初ギレルモ・デル・トロが監督を務める予定だった。

 「魔女がいっぱい」は、魔女の集団によってネズミに変えられてしまった少年が、祖母と共に魔女たちに立ち向かう作品。1989年には、原作をもとにした『ジム・ヘンソンのウィッチズ』(日本未公開)が公開され、アンジェリカ・ヒューストンが主演を務めた。

 米ワーナー・ブラザースが製作を進めている本作は、当初『シェイプ・オブ・ウォーター』でオスカーを受賞したデル・トロ監督が手掛ける予定だったが、スケジュールの問題により降板。新たにゼメキス監督が引き継ぐこととなった。デル・トロ監督は、引き続き製作として本作に携わるという。また、『ゼロ・グラビティ』を手掛けたアルフォンソ・キュアロンも製作として名を連ねている。公開日や出演者などは、まだ明らかになっていない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >