2018/06/27 22:27

88歳のクリストファー・プラマー、最新作の共演者がエネルギッシュな姿勢を称賛

左から、ピーター・フォンダ、ルイス・マクドゥーガル、ヴェラ・ファーミガ、シャナ・フェステ監督
左から、ピーター・フォンダ、ルイス・マクドゥーガル、ヴェラ・ファーミガ、シャナ・フェステ監督

 名優クリストファー・プラマー出演の新作『バウンダリーズ(原題)/ Boundaries』について、共演のヴェラ・ファーミガ、ルイス・マクドゥーガル、ピーター・フォンダ、そしてシャナ・フェステ監督が、6月12日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 本作は、シングルマザーのローラ(ヴェラ)と学校で問題を起こした高校生の息子ヘンリー(ルイス)、そして老人ホームを追い出された、疎遠だったローラの父親ジャック(クリストファー)によるポートランドからロサンゼルス までのロードトリップを描いた作品。ジャックの友人役にクリストファー・ロイドやピーター・フォンダが名を連ねている。映画『エンドレス・ラブ~17歳の止められない純愛』のフェステ監督がメガホンを取った。

 名優たちの共演だけでなく、12種類もの動物が登場する今作。動物の保護活動者でもあるフェステ監督は、「確かに撮影はクレイジーだったけれど、わたしはこうして犬を抱えて(写真参照)しゃべっていると落ち着くの。動物たちは俳優たちを落ち着かせる存在でもあったわ」と語る。だが、主演のヴェラは動物アレルギーだったそうで、「撮影開始から最初の1、2週間はベナドリル(風邪やアレルギーの薬)を飲んでいたわ。けれど、それ以降は大丈夫だったの。このロレッタ(監督が抱いている犬)はディーヴァ(主役級の女優)で、即興もうまかったわよ」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >